投稿日:

地銀のブライダル専用カードローン審査に落ちた人でもユーロスタンダーズは前向きな融資選考をしてくれます!

婚約指輪や式場予約など様々な準備資金が必要になる結婚式関連の借金は、ブライダル専用の目的別カードローンを地方銀行で組むほうが金利も低く設定できるので、高額な料金も一気に借入しやすいです。ただ地方銀行のブライダルカードローンは、キャッシング審査比較 | 即日融資可能なキャッシングカードやキャッシングローンの審査条件とくらべてみても、求めてくる年収や属性のハードルがやや高めの事が多いので、低年収のパート従事者や債務整理歴が過去にある人は申込みにくい側面もあります。

ただブライダル用の資金を貸付してるのは何もメガバンクや地銀だけでなく、地元の中小ファイナンス企業も取り扱ってる事があるので、属性に自信がない人は諦めずに相談してみるのもよいでしょう。ちなみに中小ファイナンス企業で低金利のブライダルローンを提供してる代表的な業者の1つに、東京都に本店を構えるユーロスタンダーズがあります。

ユーロスタンダーズは全国どこからでも直接電話や店舗で融資の相談に乗っており、大手銀行でキャッシングを断られた人に対しても積極的な審査を実施しています。又、身分証明や収入証明書のコピーをファイル送信できるネット環境が整ってなくても、家のFAXを使って簡単に会社側にデータを送る事も可能なので、アナログ派の若い人でも気軽に申込しやすいでしょう。

 

満期取扱変更は一応可能な定期料金

お金を増やそうと考えるなら、色々と選択肢はあります。最速資産運用や財形貯蓄もありますし、定期預金が検討される事も珍しくありません。ただどういう商品を利用するにしても、満期などは1つのポイントになるでしょう。なぜなら、基本的にはお金を動かすことが難しいからです。

普通タイプの場合は、もちろんお金を動かすことは可能です。圏内タイプに該当しますから、入出金などは自由なシステムになる訳です。それに対して定期では、しばらく入出金が困難になります。しかし満期取扱変更などは、一応は行う事ができます。金融会社に連絡をしてみると、多少調整できる事はあるのです。したがって入出金に関する事情があるならば、金融会社に話をしてみるのも一法と言えます。

ただし金融関連の会社としては、あまり変更される事を敬遠するケースも多いです。基本的に一度決めた満期などは、変更はしない方が良いでしょう。一番最初に決める満期設定が、非常に重要なポイントになる訳です。